depeche's blog

マンガ、カレー、New Order、Depeche Mode、New Wave、ボクシングなど好きです。演劇や音楽の予定を適当に書いてます。

2012/5/16の日常

  • 先日から首の調子が悪い。
    • どうも、月曜日に、大きく腫れて、膿が徐々に出て来た。今朝、カッターシャツを来た際に、多めに出て、襟の部分が随分と汚れてしまった。。。
    • 汚れて、見栄えが悪いだけで無く、どうも臭いも嫌な臭いである。手につくとなかなかとれないし。それに、かさぶたのようなものもできており、いつ破れるか、不安である。
    • 鏡を二つ使って見てみると、大きさも、以前は500円玉程度であったが、今は、500円玉2個程度の直径である。色も暗紫色というのか、鬱血しているのが一目でわかる。
    • 痛みは、薬を飲んでいるせいか、あまり無いが、多少じんじんする。
  • しかしかさぶたとれたり、膿が出て来たり、こまったものである。これでは、会社に行っても、嫌がられるのではないか?
    • ボクシングでは、血が流れていても、多少なりとも理解できるし、少ない流血だと試合は続行できる。でも、瘤が鬱血し、膿が出ていると、はっきり言って、ゾンビである。これは他人は近づきたくないだろう。それに膿が出ている人を見て、良好な感情が抱けるのだろうか?
    • 私は医者では無いので、膿が出ている人を見ると、病人として扱うだろうし、通常の生活では感染しないとわかっていても、あまり近づかないだろう。
  • あと、首の後ろに瘤ができ、鬱血すると、顔のように見えるのだろうか? 他人が見ると、人面瘡になるのだろうか? いずれにしても、自分でその状況がはっきりわからないので、もどかしい。