depeche's blog

マンガ、カレー、New Order、Depeche Mode、New Wave、ボクシングなど好きです。演劇や音楽の予定を適当に書いてます。

2012/5/30の音楽

  • 今日は、久々の「これまでの音楽、これからの音楽」(通称:これ音)をなんば紅鶴まで見に来た。
  • なんば千日前の味園ビル2Fにある紅鶴で開催される。

f:id:depeche:20120530232414j:image
f:id:depeche:20120530232412j:image
f:id:depeche:20120530232413j:image

  • スタートは、安井さん一人で開始。

f:id:depeche:20120530232731j:image

  • 途中で、高島麻利央さんと、アルミカンの高橋沙織さんが合流。

f:id:depeche:20120530232728j:image

  • 今回で、13回目かな?、いずれにしてもこれ音1周年である。
    • よく続いていると思う。でも個人的には非常におもしろい。
    • ライブであれば、パフォーマンスに感動することが求められる。感動が無ければ、続かない。
    • このこれ音は、私にとって、新たな知見が得られることと、それを自分の頭で反芻しながら考えられることが面白いのだ。安井さんのクロスメディア的な知見と、高島さんの鋭いつっこみ、高橋さんの冷静な疑問が見事に重なって、理解が深まり、知的好奇心や探索心を満たしてくれる数少ないイベントなのだ。
    • リアル脱出ゲームも、自分で考えて、アハ!、って思える瞬間があると思えるから、はまるのだ。
  • で、今日は、古典音楽の調和している音と、不協和音の話から入る。
    • ピタゴラスの時代から、調和している音が、美であるとする思想、概念があり、それに疑問を抱き、新たな概念を創造することで音楽を発展させてきた。
    • 概念が縦横無尽に語られるので、時間観念と調和が図れなくなり、おもしろい議論になる。
  • 目に見えないものは、抽象的であるという概念から、マクルーハンのメディア理論に移り、メディアが生まれることで、共感覚が分断される話に突入。
    • ホットなメディア、クールなメディアの話から、電子情報の拡大に伴い、外爆発、内爆発が発生し、共感覚の新たな結合が生まれるとのこと。
    • 今日は、共感覚の分断と、リッチなメディアによる共感覚の結合、再生というのか、このあたりの議論が知的興味がかき立てた。
  • マクルーハンの講義?を聞いたり、、ジョン ケージの4'33"を、異なるパフォーマーで、2回連続で聞くなど。
    • 少々退屈な二人。4'33"を2回連続で聞くと、普通こうなる。。。

f:id:depeche:20120530232714j:image
f:id:depeche:20120530232713j:image

  • 最後に3人の写真を。宝物だ。

f:id:depeche:20120530232712j:image
f:id:depeche:20120530232711j:image

  • サインももらった。
    • 高島麻利央さんのサイン。

f:id:depeche:20120530235856j:image

    • アルミカン高橋沙織さんのサイン。

f:id:depeche:20120530235857j:image

    • 二人のユニットである「あな」のサイン。現代音楽アイドルユニットである。

f:id:depeche:20120530235858j:image

    • 一生懸命書く、高橋さん。

f:id:depeche:20120530232409j:image

  • 次回のこれ音は、6/27(水)@なんば紅鶴である。
  • それに、現代音楽アイドルユニットあなのライブが、6/29(金)@本町nu-thingsで開催されるとのこと!
    • 見に行かねば!