depeche's blog

マンガ、カレー、New Order、Depeche Mode、New Wave、ボクシングなど好きです。演劇や音楽の予定を適当に書いてます。

2011/2/11の演劇

f:id:depeche:20110212010356j:image

    • Art Complex 1928は、昭和三年(1928年)武田五一氏の設計により、大阪毎日新聞社京都支局ビルとして建築されたのとのこと。なかなかいい感じの建物である。

f:id:depeche:20110212010358j:image

    • 横には、タリーズなんかもあって、ロケーション的にはいいところである。
  • それで、チケットは20番台であったので、一番前に座れた。

f:id:depeche:20110210235350j:image

  • そうそう、ヨーロッパ企画の人が多く、観劇に来られていたと思う。
    • タリーズでは、山脇さんを見かけて、会場前では、石田さん、開場前に並んでいると、本多さん、土佐さん、開場後は、酒井さん、終演後は、中川さんも見かけた。あと名前はわからないけど、スタッフの人とか。。
    • 本多さんに覚えていただいていたので、うれしかったね。
  • で、演劇。
  • 会話や動きに非常にリアル感があり、怖いくらい。
    • 演劇は、枠組みというか、客との共通の土台があり、その上で演じられることが多い。大抵は、その土台が、演劇の枠にはまっており、その中で演じられることが多い。でも、先日の永野さんの不条理劇場や、今回の投げられやすい石は、土台を壊したり、土台をリアルな自分に持ってくる。
    • 土台が無くなったり、リアルな自分に持ってくると、慣れていないせいか、うまく笑えない。クスッと笑えるところもあるし、身につまされるところもあって、笑いが戸惑うのだ。
    • かといって、演劇が面白くないというわけではない。凝視してしまうのだ。
    • うまく感情を説明できないが、最後はなんか泣けてくる。